紀州梅まだい
TopPage 安心安全の拘り 紀州の海と生産地 岩谷水産の魚 会社案内 リンク集
有限会社 岩谷水産
和歌山県東牟婁郡串本町
大島216−1
電話0735−65−0603
FAX0735−65−0616
私たちの住む串本町は、
    本州最南端の紀伊大島
 串本町とJF和歌山東漁協大島支所
私たちの住む串本町は、紀伊半島の南端、本州最南端の地に位置し、潮岬の東側にある、県下唯一の離島である大島へ、平成11年に“くしもと大橋”が開通し、以来観光客も多く訪れています。
串本の海は、サンゴ礁形成の北限となっており潮からの暖水と熊野灘からの冷水の接する海域であるため、温帯的、また熱帯的様相の混じる、貴重な資源として平成17年にラムサール条約に登録されました。
私たちが所属するJF和歌山東漁協は、平成20年度に串本町から那智勝浦町にある10漁協が合併してできた漁協で、私自身は大島にある和歌山東漁協大島支所に所属しています。
  
ラムサール条約登録のサンゴの海 平成11年開通の「くしもと大橋」
 
今、注目を浴びる
     串本の養殖技術
 串本の養殖
私たちの住む串本町は漁業が中心の町ですが、大島付近を含む串本町の海は豊な環境により、昔から養殖が盛んで、現在はマダイやシマアジの他、最近では、クロマグロの養殖が注目されています。
私が勤務する岩谷水産も大島の養殖業者として、紀州梅まだいや梅シマアジ、梅クエの養殖に力を入れています。
   
歴史あるマダイの養殖 近年、注目のクロマグロ養殖
 
自分の子供や家族に
 安心して食べさせられる魚を…
 食の安心と安全への拘り
「自分の子供や家族の安心して食べさせられる魚を…」と言う、食の安心・安全への拘りから、まずは健康な魚を育てるため、健康には欠かせないクエン酸やアミノ酸などを多く含んだ梅のエキスを餌として与えました。

魚の健康状態等を毎日観察しながら、梅エキスを配合した餌を給餌することで、健康で病気に強い魚を育てることができ、不要な薬を与えなくて良い安全な畜養に成功しました。
 
 
美味新発見!
 梅酢エキスと黒潮の恵み。
 天然に近い美味しさ
梅酢エキスと黒潮洗う南紀の綺麗な海で育った紀州梅まだいは、さっぱりとした脂・歯ごたえ、上質な旨味・オレイン酸等、栄養が豊富です。

その品質は、和歌山県の推奨品として「プレミア和歌山」に認定され、第23回和歌山漁業者実績発表会で最優秀賞を頂きました。そして平成23年度、第16回全国漁業者交流大会において、全国漁連海面魚類養殖業対策協議会会長賞を受賞しました。
 
 
Copyright(C)2011 Iwatani suisan . All Rights Reserved.