岩谷水産

自社独自の飼料を開発

長年の養殖技術を駆使して、魚に最も適した梅酢の分量を配合させた飼料を平成17年に開発し、その特許を取得しました。和歌山県水産試験場に、梅酢配合飼料の給餌効果について詳細な試験を依頼しました。その結果、筋肉脂質含量、EPA・DHA含量、オレイン酸やグルタミン酸の旨み成分などの数値が、通常の養殖真鯛に比べてはるかに高い事が実証されました。抗病性の試験においては、通常の養殖真鯛よりも約2倍の免疫力がある事が判明し、抗生物質等の薬品を一切使用しない無投薬での飼育に成功しております。「進化前進」をスローガンに掲げ、水産養殖魚のさらなる品質向上を図るため、日々研究開発に取り組んでおります。

美味しさの追求

生産履歴の明確化と厳正な出荷基準

和歌山県が推奨する衛生管理システムを導入しており、卵から成魚に至るまでの生産履歴を明確化し、トレーサビリティの徹底に努めております。魚の動きや食欲を日々観察し、水質や水温の変化に応じて、給餌の分量調整や飼料に工夫を凝らし、魚の健康状態を管理しております。平成19年に、紀州梅まだい生産組合を発足し、組合が定める厳しい規定に合格した魚のみを出荷しております。

揺るがない安心安全

美しい海を保ち続ける

「美しい漁場を未来へ繋ぐ」その思いを胸に、梅酢エキス配合飼料に紀州備長炭の粉末を添加した飼料を平成24年に開発しました。備長炭の特性を活かし、魚の品質向上に加え、養殖漁場の水質保全を図るという他に類を見ない新しい取り組みを開始しております。和歌山県水産試験場に、飼料の詳細な試験を委託した結果、身質が向上し、赤潮の原因として危惧されるリン・窒素の排泄を抑えるという事が実証されました。漁場環境を守り、未来へ繋ぐ養殖業の確立を目指し、消費者の方々へ「より安心・安全で美味しい魚」を提供し続けていきたいと考えております。

紀州備長炭配合飼料を与えた真鯛は、高水温期において、水中のリン・窒素の排出を抑え、水質保全に効果的であることが証明されました。

梅酢配合飼料を給餌する事で、通常の養殖真鯛よりも栄養価の高い真鯛に育つことが実証されております。

本州最南端の美しい漁場環境

串本町の海は、黒潮からの暖水と熊野灘からの冷水が接する海域で、サンゴ礁が群生する最北限の地としてラムサール条約に登録されております。
黒潮打ち寄せる美しい海と自社独自の飼料が相まって、高品質な魚が生産されております。